ダニエル太郎の彼女が立野リカはデマ?両親(父・母)や年収を調査!

衝撃のニュースが飛び込んできました!!

 

テニスの世界ランク106位のダニエル太郎

元世界ランク1位のジョコビッチを

破ったのだそうです。

あの錦織圭でもなかなか勝つことのできない

ジョコビッチに勝ったということで

今後ダニエル太郎さんに注目が

集まりそうです。

 

ダニエル太郎さんとはどんな人物なのでしょうか。

てことで、

ダニエル太郎の彼女が立野リカはデマ?両親(父・母)や年収を調査!

についてみていきましょう。


スポンサーリンク


ダニエル太郎のプロフィール

名前:Taro Charles Daniel

生年月日:1993年1月27日

年齢:24歳(2018年3月現在)

身長:190㎝

体重:76kg

出生地:アメリカ・ニューヨーク州

国籍:日本

ハーフならではの長身で、体格的にも

恵まれてますよね。

長髪でもあるので江口洋介のような雰囲気を

持った方だなあと思いました。

 

24歳でこの風貌!

オーラがありますよね。

今後かなり期待できる人物になりそうです。

経歴は?どこのハーフ?

ダニエル太郎さんは

父親がアメリカ人母親が日本人

ハーフです。

 

5歳で日本に移住し、7歳からテニスを

始めています。

その後14歳のときに日本を離れ、スペインに

移住し、バレンシアのテニスアカデミーに

入りテニス漬けの毎日を送ったそうです。

 

錦織圭もそうですがテニスで強くなるには

海外のアカデミーに入るのがお決まり

なのかもしれませんね。

 

そして、スペインでの生活も長いので

今はスペイン語・英語・日本語が

話せるトリリンガルなんだそうです。

 

プロデビューは2010年で

当時17歳のとき。

 

あまり注目はされませんでしたが、

2016年のリオ五輪にも代表選手として

出場していました。

 

その当時の映像がありますのでどうぞ

彼女が立野リカ説はデマ?

そんなダニエルさんの彼女は立野リカでは?

という噂がたっているようです。

 

立野リカさんというのはこの方で、

身長178㎝のファッションモデルですが、

元テニスプレイヤーで、ジュニア時代には

全米ダブルスで1位になったほどの

実力者。

 

余談ですが、立野さんのいとこには

サッカー日本代表の武藤嘉紀さんが

いるそうです。

ダニエルさんと立野さんが

付き合っているという噂があるのは

なぜかというと、

2人が写っている写真が流出したからなんです。

特に危ない写真ではないようですが、

お似合いであれば付き合ってるのか

疑ってしまう気持ちもわからなくはないですね。

 

まあ、お二方ともテニスつながりが

あるわけですから親交があっても

おかしくはないのでは?と思いますね。

 

ダニエルさん自身はインスタで彼女の

存在は明かしているようですので、

立野さんが彼女ではないのでしょうね。


スポンサーリンク


父や母はどんな人?

アメリカ人の父は

元テニスプレイヤーです。

 

現在は会計士をしながらテニスコーチも

されているようです。

ダニエルさんがテニスを始めたのも

まさに父の影響なのでしょうね。

 

日本人の母についてはあまり情報は

ないですが、

オーガニック料理をつくり、

ダニエルさんの健康面を支えて

らっしゃるようですね。

素敵なお母さまです。


家族のサポートがダニエルさんの

強さにも繋がっているのでしょうね。

心強いですよね。

年収はどれくらい?

プロテニスプレイヤーとして活躍する

ダニエルさんですが年収はいくらぐらい

なのでしょうか。

想像してみました。

 

世界ランキングで見ていくと、

  • 2010年978位
  • 2011年467位
  • 2012年280位
  • 2013年241位
  • 2014年177位
  • 2015年96位
  • 2016年85位
  • 2017年127位

 

全体的にみるとぐんぐん順位を

あげていますよね。

テニスの世界では世界ランキング

100位内くらいは年収4000万円

は超えるといわれているのだそうです。

 

ダニエルさんはこれ以外にも

スポンサー契約がありますし、

そう考えると多くて

5000万円くらいはもらっているのでは

ないでしょうか。

 

24歳でこの年収ならすごいですね!

 

 

菊池彩花の村八分騒動って?家族(父・母・兄弟)や村長の顔画像!

2018.03.09

まとめ

ダニエル太郎さんについて紹介しました。

あのジョコビッチ選手に勝ったということで

ダニエルさんの粘り強いプレーが活きましたね。

 

日本国籍を選択してもらって、

日本国民としては嬉しいですよね。

ハーフなので身体能力も高いでしょうし、

今後ますます飛躍されることと思います。

東京五輪にはおそらく出場してくると

思いますし、いまから注目しておきましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です