加藤ゆうみ(遊海)のwikiプロフ!マレーシアでの活動や父母を調査!

志村動物園の新企画

『絶滅ゼロ部』の部員第1号に

任命された加藤遊海(ゆうみ)

 

おそらくお茶の間初登場の

無名の新人が大抜擢!

 

日本では無名ですが、

マレーシアではなんと

有名女優なんだとか。

 

そんな彼女にはまだwikiがありません。

 

経歴も凄いとのことですので

まとめてみました。

 

また、マレーシアでの活動や

両親(父・母)についても調査しました。


スポンサーリンク


加藤ゆうみのwikiプロフ情報

 

加藤ゆうみのwikiプロフ情報については

こちらに詳しくまとめていますので

まずはこちらからどうぞ^ ^

加藤ゆうみ(遊海)の経歴が凄いのに可愛い!彼氏や出身高校を調査!

マレーシアでの女優活動は?

マレーシアではドラマ「J・K・K」に出演し、

反響が予想以上に大きく、

今や有名女優なんだそうです。

 

ちなみに一躍有名になったドラマ

『J・K・K』での

加藤ゆうみの役どころは

『クアラルンプールのイセタンで働く愛媛県出身の日本人スタッフ』

名前は中村みかん。

 

なのでマレーシアでは『みかんちゃん』

の愛称でも親しまれています。


マレーシアの空港につくなり

『みかんちゃ~ん』と

ファンに囲まれるほどの人気ぶり。

 

ドラマはみかんで有名な愛媛県でも

撮影が行われ、セリフはすべてマレー語

だったというから凄い!!

 

そうした活動があってのことか

今年はさまざまなイベントに

出席しています。

 

「クアラルンプール第2回新幹線常設展」での、

オープニングセレモニーに、

在マレーシア日本国大使と一緒に出演。


また、マレーシアで行われた

「愛媛県柑橘フェア」で

日本を紹介するドラマ「J・K・K」に

出演しているため紹介されたり、

 

そして大抜擢なのが

Isuzu Malaysia大使に決定したこと。

今後もさまざまなイベントや

キャンペーンにも出演

されることでしょう。


スポンサーリンク


父や母について

そんな加藤ゆうみですが、

両親は何をしている方なのでしょうか。

調査してみました。

 

確実な情報ではないですが、

あるサイトによると、

両親はマレーシアで日本風の

喫茶店を営んでいる

のだとか。

 

マレーシアに移住した当時は

生活はかなり厳しかったのだそうです。

 

加藤ゆうみが15歳のとき、半年間

親元を離れたというのも

苦労をかけたくなかったという

思いがあったのかもしれません。

島では生きていく術を身につけましたしね。

 

また、遊海という名前を付けたのは

両親は加藤ゆうみが生まれるときから、

海の綺麗な所へ移住したい

という思いを持っていたのかな

とも推測されますよね。

 

16歳で単身帰国ということは

ご両親はおそらくいまもなお

マレーシアで生活をされているのでしょう。

 

可愛い娘が有名になって

嬉しいでしょうね。

 

加藤ゆうみの身長やハーフ説を調査!水着画像が可愛い!スリーサイズは?

2018.04.06

まとめ

加藤ゆうみはマレーシアで有名な女優。

「みかんちゃん」の愛称で親しまれています。

いすゞマレーシア大使にも選ばれ、

活動の幅が広がっています。

両親はマレーシアで喫茶店を

経営しているという情報が

ありましたが定かではありません。

これから日本での活動も増えそうです。

大注目間違いなしです。

応援しています。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です