清塚信也の父親母親は離婚orもともといない?姉はバイオリニスト?

ピアニストとしてドラマ

「コウノドリ」のメインテーマや

映画「のだめカンタービレ」や

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の

サウンドトラックを担当した清塚信也

 

ドラマ「コウノドリ」では綾野剛に

ピアノ指導をしています。

 

また最近では音楽に関する活動

だけでなく

ドラマ「コウノドリ」でライブハウスの

マネージャー役を演じたり、

話題となったドラマ

「逃げるは恥だが役に立つ」に

医師役として出演するなど

活躍の場を広げています。

 

そんな清塚信也ですが、

両親が離婚した、もしくは

もともといなかったのでは?

と噂されています。

 

また、お姉さんがバイオリニストで

兄弟2人とも音楽家なのでは?

という噂もあります。

 

そこで今回は清塚信也と

その家族について調べてみました。


スポンサーリンク


清塚信也のプロフィール

  • 生年月日:1982年11月13日
  • 年齢:34歳
  • 学歴:桐朋女子高等学校音楽科(共学)
  • モスクワ音楽院(留学)
  • 職業:ピアニスト、作曲家、俳優
  • 出身地:東京都

 

清塚信也は韓国人の母親と

日本人の父親の間に産まれました。

 

5歳でピアノを始め、

1996年に行われた

第50回全日本学生音楽コンクールの全国大会で

中学校の部で1位になっています。

 

小学6年生の頃にはすでに

将来プロのピアニスト

になる夢を抱いていたんだとか。

 

その時代から夢を持っていて、

それを現実のものとするなんて

すごいですね。

母親が教育熱心だった!?小さいころからピアノの英才教育!

5歳から始めたピアノ。

きっかけは姉と母にあります。

2歳年上の姉がヴァイオリンを

習っていたようで、

そこに母が毎回清塚信也を

連れて行っていたんだそう。

 

そこで絶対音感が養われ、

ピアノの上達もはやかったようです。

 

ですが母やピアノの先生から

「中学までに1位とらなきゃピアノでは食べていけない」

といつも言われていたようで、

追い詰められているように

感じたこともあったそう。

 

学校にはあまり通わず、

毎日12時間ピアノの練習をしていたようで、

友達と外に遊びに行ったりすることは

ほぼなかったようです。

 

そんな中で全国1位を取った

清塚信也の努力は相当だったと思いますし、

母親のスパルタ教育についても

愛情が故だと振り返っているそうです。

 

ちなみに母自身も頑張りを

子供に見せなければいけない

と思っていたようで、

PTAの会長をしたり、

食事にも気を遣っていたようです。

両親は離婚?もともといなかった?

清塚信也を検索すると、

キーワードに「両親」「離婚」とあります。

気になって調べてみたのですが、

両親が離婚している、もしくは

もともといなかった

ということは確認できませんでした

 

両親が音楽好きで、家の中でよく

クラシック音楽が流れていたようで、

このことからもともといなかった

ということはないように思います。

また、離婚はしている可能性もありますが、

幼少期の母親の熱心な教育が注目されていて

父親の情報があまりないことから

離婚していると噂が出たのではないかと思います。


スポンサーリンク


姉はバイオリニスト?

ピアノを始めたのは姉が

バイオリン教室に通っていたことが

きっかけでした。

 

清塚信也は2015年にコンサートで

指揮をする方について話している中で、

「最近は姉がヴァイオリンで

所属しているオケを指揮してくださったりと、

とても縁を感じております。」

とコメントしています。

このことから、

清塚信也の姉はバイオリニスト

のようです。

姉弟2人とも小さい頃から音楽を

続けているなんてすごいですね。

 

ヴァイオリンて結構お金かかりますよね。

お金持ちの習い事という印象がありますが、

実家はお金持ちだったのでしょうか。

気になりますね。

まとめ

最近話題のピアニスト・清塚信也。

母の熱心な教育を受け育ってきましたが、

両親が離婚しているかどうかは

定かではありません。

姉はバイオリニストのようですね。

ピアニスト、そして俳優として

これからの活躍にも注目ですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です