野田文信の顔画像と経歴や学歴!逮捕歴(前科)有りで現在の仕事は?

現内閣の総務大臣である野田聖子議員の

旦那さんの野田文信さん

週刊文春が文春砲をぶっ放しています。

 

毎回この文春砲には驚かされますが、

今回、標的にされたのが、

野田聖子総務大臣の旦那さんである

野田文信さんです。

基本的には一般人では有りますが、

奥さんが大臣となれば、一般人とは

言いきれない面も出てきますからね。


スポンサーリンク


野田文信さんのプロフィール

野田文信さん自信が一般人

という事もあってWiki等には

記載がないですね。

やはりどこを探しても

詳しいプロフ自体が出てこない

というのが実情と言った所です。

本名 野田 文信(のだ ふみのぶ)

生年月日 1967年(現在推定51歳)

出身地 京都府

野田聖子さんが出産する時に

付き添っていた印象では非常に

優しそうな旦那さんと言う感じでしたが、

過去にはいろいろあった事が

文春砲で暴かれてしまっています。

野田文信さんの経歴や学歴は?


やはり一般人と言う事もあってか、

全くと言っていいほど情報が

少ないのが現状です。

 

学歴は高校卒業となっていますが、

実際どこの高校を卒業しているのかは

全く不明です。

京都府出身という事ですから、

京都府立の高校に通っていたのでは

ないでしょうか?

 

高校時代には、盗んだバイクを

乗り回したり、シンナーを

吸っていたという事で警察に

御厄介になっていたようです。

やんちゃが行き過ぎたタイプの

方だった様ですね。

 

高校卒業後は板前になろうと

頑張っていた時期もあった様です。

いろいろな店を渡りあるいていることから、

もしかすると、トラブルメーカー

だったのかもしれません。

 

その後の足取りがなく、

急に出てくるのが、指定暴力団

「会津小鉄会」傘下の昌山組に

所属をしており、その組の幹部と

いう事がどうやら明らかにされています。

 

当時の名前は木村文信という

名前ですから、野田家に婿入りした

という事になるのでしょう。

 

但しこの、会津小鉄会は1999年に

内部抗争が原因で2001年には

解散しています。

この時には野田文信さんは

どうやら組を抜けていたようですね。


スポンサーリンク


野田文信さんの逮捕歴や前科はあるのか?

野田文信さんが野田聖子さんと

結婚する前に会津小鉄会昌山組の

幹部だったと先ほど紹介しましたが、

この暴力団に所属していた時には、

逮捕された事がどうやら無さそうです。

 

組の内部抗争が起きた時には

既に組を抜けていた事が

わかっていますから、暴力団員の時に

逮捕されているという訳では

無さそうです。

 

1996年に携帯電話販売事業に

乗り出してある程度の成功は

納めていたようです。

経済の流れを掴む目の持ち主

だったという事でしょう。

 

一度目の逮捕はスピード違反か

何かで警察に免許提示を求められた時に、

自分の免許ではなく、兄の免許証を

提示して、その後、兄が

免許書き換えに行った時に、発覚。

私文書偽造容疑で逮捕されています。

 

次に逮捕された時は、

携帯電話販売業で設けた金で

アダルト運営会社を設立し、

その時に大量のスパムメールを

送りつけた事に寄る、

有線電気法違反で逮捕されています。

 

この辺りは、わかりきってやっている感が

非常に強いですよね。

という事で野田文信さんは

前科2犯ですね。

現在は何をしているの?

ある意味経済通と言えば経済通の

野田文信さんですが、現在は

野田家で専業主夫をしている様です。

そのきっかけとなったのが、

野田聖子議員出産からの様です。

 

お腹の中の子どもが、お腹にいる

段階で、大病を患っている事が

判明し出産後2年間は24時間体制の

入院をさせなければならない

という事だった様です。

 

2歳になった時に退院をしているのですが、

予断を許さないという事で

自宅療養をする事になります。

 

それと同じくして、野田聖子議員の

母親の介護が本格化し、

野田文信さんは子どもの療養と

母親の介護を見る事を決断します。

これはある意味凄い事だと思います。

 

子どもはともかく、自分の親でない人の

介護は普通は出来ませんからね。

男気がある人なんでしょうね。

そういう事も相まって現在は

子どもの教育・母親の介護・

家事をこなしているようです。

 

 

まとめ

野田文信さんについて紹介してきました。

若いころは家庭の事情もあったのでしょう。

やり場のない気持ちで、バイク窃盗や

シンナー等に手を染めてしまったのでしょうね。

そういう連鎖は結果的に暴力団員への

道を開きやすいものですから、

そのまま暴力団にという人生の

流れだったのでしょうね。

ただ1996年には会社を興している事から、

その前に組員を離脱しているので、

自分の中で何か変化を求めたかったのかも

しれませんね。

その結果が野田聖子議員との出会い

という物です。人生波乱万丈なんでしょうかね~

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です