小野宏の経歴!朝日新聞との関係は?有能さが話題で高校はどこ?

日大アメフト部の悪質タックル問題。

 

関西学院大学の会見で注目されたのが、

小野宏ディレクター。

鳥内監督の右手に座っていた方です。

 

冷静な話し方と理路整然とした受け答えで

有能さが話題となっている小野さんの

経歴や出身高校を知りたい方も

多いのではないでしょうか。

 

また、朝日新聞と関係しているとのうわさも。

今日は、関学大の小野宏さんについて

調べてみました!


スポンサーリンク


小野宏ディレクターのプロフィール!出身高校はどこ?

名前:小野宏(おのひろむ)

生年月日:1961年?月?日

出身地:東京都

所属:関西学院総合企画部

 

東京都出身の小野さんは、

新宿区にある都立戸山高校の出身とのこと。

戸山高校の偏差値は、なんと71!!

相当頭の良い高校ですね。

 

同校出身の有名人としては、

俳優の長塚圭史さんや、

「黒子のバスケ」作者で漫画家の

藤巻忠俊さんがいるそうです。

 

戸山高校を卒業後、

関西学院大学の理学部に入学します。

噂によると、関学大でアメフトを

やりたいという夢があったため、

超難関大学である早稲田大学を

蹴ったのだとか。

それだけ関学アメフト部に熱い思いが

あるんですね。

 

憧れだった関学アメフト部に入部すると、

1年生時はDB、2年生時は主にQB、RB、

3,4年生時はQBとしてチームをけん引しました。

 

ポジションが何回か変わっていますが、

普通簡単にできることではないですよね。

どこのポジションでも正確な仕事をする

器用な選手だったことが伺えますね^^

朝日新聞との関係とは?

関学大を卒業した小野さんは、

朝日新聞社に記者として入社します。

 

「朝日新聞との関係」とは、

小野さんの前職のことだったんですね!

記者として何年働かれたのかは

情報がありませんでしたが、

1993年から関学大に勤務し、アメフト部で

コーチを務めます。

2006年には、U-19日本代表の

チームスタッフ経験も。

2013年から、現在のディレクターに就任しました。

 

そもそも、アメフト部のディレクターとは

どのような役割の仕事なのでしょうか。

 

なんでも、

ディレクターは競技指導以外の部の

マネジメント全般を担っているそうです。

ただし、大学アメフト部において

ディレクターという役職を設置しているところは

少ないのだとか。

 

優秀な人材を充てなければならないので、

なかなか適任の人がいないのかもしれないですね。

普通~弱小チームだったら、

主務の選手が試合の調整とかをしますよね。

専属の大人がいるとは、さすが強豪校ですね!


スポンサーリンク


キレッキレ会見の動画

5月17日に行われた関学大の2回目の会見では、

主に小野さんが場を進行していました。

加害側である日大の釈然としない対応に対して、

小野さんは感情的になるのではなく、

冷静な大人な回答をしていたのが印象的でしたね。

 

また、会見での言葉の選び方が適切かつ簡潔で、

話がとても分かりやすかったですよね。

これも記者としての経験がなせる業なのかな

とも思いました。

小野さんに対するtwitterの反応は?

 

Twitterでも、私と同じように

小野さんを称賛する声が多くあがっています。

 

 

井上奨(日大)コーチのゲイビデオ出演動画!顔画像や経歴!結婚は?

2018.05.23

まとめ

今回は、関学大の小野宏ディレクターについて

調べてみました。

小野さんのメディア対応が素晴らしかったことから、

「アメフトには知性が必要っていうのは本当だ」

という声もあがっているほど。

まだまだ収束する様子がないこの問題。

さらなる小野さんの神対応にも注目したいです!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です