吉田愛(建築家)のwiki経歴や作品!離婚理由は?高校や専門学校はどこ?

学歴重視の建築の世界で、

型破りなアイデアで話題の建物を

次々に手掛け、名だたる建築賞を

総ナメにする吉田愛さん。

 

下剋上を起こす彼女がどんな方なのか

気になりますね~。

てことで、

吉田愛(建築家)のwiki経歴や作品!離婚理由は?高校や専門学校はどこ?

について調査しました。

ではみていきましょう。


スポンサーリンク


吉田愛のプロフィール

名前:吉田 愛(よしだ あい)

生年月日:1974年生まれ

年齢:44歳(2018年3月現在)

出身地:広島県

事務所:SUPPOSE DESIGN OFFICE(共同代表)

まず、年齢を知って驚きましたが、

44歳には見えないですよね。

そして凄くかわいらしい方ですね。

 

これまでの経歴は

1994年~1994年 株式会社井筒
1996年~1998年 KIKUCHIDESIGN
2001年~ 建築設計事務所Suppose design office
2014年 SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd. 設立

SUPPOSE DESIGN OFFICEの

共同代表である谷尻誠さんが

2000年に設立した建築設計事務所

Suppose design officeから共に

仕事を始めており、2014年には

SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd.

共同で設立しています。

どんな作品がある?

オファーが殺到しているという吉田愛さん

設計の建物はどんな作品があるのでしょうか。

まとめてみました。

HOTEL koe. 24時間koeを感じてもらうためにホテルという場所でファッションを伝えていくことを提案させていただいたのは2年前。 あっという間でした。 1階ベーカリーレストラン「コエ ロビー」、 ベーカリーam7時半〜、ランチ11時〜、 カフェ14時〜、レストラン18時〜。 音楽LIVEは月に1回、ゲストDJは毎週2回。 2階アパレル。トムブラウンのコラボレーションを発売します。エシカルファッション。 3階ホテル。10部屋。アートと茶室の空間。 日本の食文化、日本の音楽文化、 日本のアパレル、日本のホテル、 日本のカルチャーを発信する場所。 2月9日10時開店、23時閉店。 明日はいよいよオープニングレセプションです。 #hotelkoe #hotel #architecture #design

谷尻 誠 / Makoto Tanijiriさん(@tanijirimakoto)がシェアした投稿 –

どれもオシャレすぎですね!!

吉田さんが携わった作品を是非見てみたい!

HOTEL koe.に関してはさまざまなイベントも

行われてますし、複合施設なのでいろいろ

楽しめそうですよね。

評判もいいようですね。


スポンサーリンク


出身高校や専門学校はどこ?

吉田さんは地元が広島ということで、

高校は広島修道大学附属鈴峯女子高等学校

出身です。

偏差値は45~55で、

そんなに高いわけではなさそうです。

 

専門学校は、穴吹デザイン専門学校

穴吹デザイン専門学校HP

サポートデザインオフィスの共同代表である

谷尻誠さんとは穴吹時代の同級生です。

 

建築家の世界は学歴重視であり、

吉田さんは大学を出ていませんが、

実力が認められ、今や大人気の

建築家。

建築家の世界ではこれは下剋上で

すごいことなんだそうですよ。

確かに作品のどれもが斬新で

洗練されてますよね。

センスが光ってます!!

離婚理由は何?

そんな吉田さんと、共同代表である

谷尻誠さんとは元夫婦同士なんです。

現在はパートナーという関係性です。

 

以前、谷尻さんは吉田さんについて

こんなことを語ってらっしゃいました。

もちろん奥さん一筋にいい恋愛をしていますよ。(奥さんは穴吹デザイン専門学校で在校してた時の同級生。最良のパートナーだと思ってます。)『引用:http://www.anabukih.ac.jp/about/obog.php』

最良のパートナーなのになぜ離婚

されたのかなと思いましたが、

一般的な夫婦の形とは違い、それを卓越した

関係がこのお二方にはあるのかなと思いました。

でないと、仕事のパートナーとして

やっていけないですよね。

お互いを尊敬しあってる間柄なんでしょうね。

というわけで離婚をした理由については

不明ですが、現在の関係性が

お互いが良好でいられる関係なんだと思います。

 

 

保科美幸(革修繕職人)の年齢や出身高校!店(美靴工房)の場所や年収は?

2017.11.09

まとめ

吉田愛さんについてみていきました。

枠にとらわれない建築家として

数々の作品を生み出してきた彼女の

今後も楽しみですね。

谷尻さんと二人三脚、今後もどんな

作品が仕上がるのでしょうか。

創造力に感服です。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です